ペニス (包茎・短小・早漏・お悩み解決サイト)



包茎

包茎からなる性病
包茎手術をする前に
包茎は一人で悩むの?
包茎手術を受ける時
包茎男児の親御さんへ


短小

短小コンプレックスは万国共通?
短小を治したい
短小改善の手術


早漏

身体性早漏の対処法
心理性早漏の対処法
早漏治療の注意点


ED

EDの種類と要因
問診と国際勃起機能スコア
ED治療とバイアグラ
薬剤以外のED治療と勃起促進


その他の陰茎等男性器の病気
遅漏の悩み
巨根の悩み

パイプカットについて



早漏の悩み


早漏とは医学的に言うと膣内射精潜時が2分以内であり、射精タイミングが自分の意思でコントロールできず、本人及び性交相手が精神的に不満や苦痛を感じるといった3つの条件が重なった状態を言うそうです。もっとも、一般的な意味合いで早漏と称されるケースは膣内射精潜時が短いと言うだけでそう呼ばれてしまうのが実情となっています。結果としては女性を満足させる前に男性だけが射精してセックスが終了してしまうと早漏と言われてしまったりもするようです。ちなみに、ある出版社が実施したアンケートで女性が男性に希望する膣内射精潜時の平均は約16分程度だったという結果が出ているようです(回答者平均年齢約25歳)。比べて別のアンケートの結果によれば平均的な男性の膣内射精潜時が14分強(性交時挿入から射精までの総計時間)と言いますから大部分の男性は女性を満足させきれていないとも見ることができます。ただし、こういったアンケートではえてして見栄を張る人が多く、若干サバよんで回答する人が多いので、実際には平均12〜13分程度なのではないでしょうか。おおよその目安程度ではありますが、多少の個人差も踏まえれば10分程度我慢ができるようならば早漏と言うほどではなく個人差の範囲ではないかと思います。

話は変わり、早漏になる要因ですが、これには主に肉体的なものと精神的なものの二種類があり、それによって対処法も変わってきます。
まず、身体性早漏の要因ですが、前立腺や尿道が慢性的に炎症を起こしている(前立腺炎尿道炎)場合や、包茎の人なら刺激への耐性の低さなどがあげられます。
心理性早漏の要因は性的心因障害(トラウマやコンプレックス)ないしは性経験の乏しさなどからくる場合が多いと言われています。
まずは自身の早漏の原因がなんであるか、今一度確認してみてください。原因を知るということは早漏に限らず、何かに対処する為に必要な行動なのです。