ペニス (包茎・短小・早漏・お悩み解決サイト)



包茎

包茎からなる性病
包茎手術をする前に
包茎は一人で悩むの?
包茎手術を受ける時
包茎男児の親御さんへ


短小

短小コンプレックスは万国共通?
短小を治したい
短小改善の手術


早漏

身体性早漏の対処法
心理性早漏の対処法
早漏治療の注意点


ED

EDの種類と要因
問診と国際勃起機能スコア
ED治療とバイアグラ
薬剤以外のED治療と勃起促進


その他の陰茎等男性器の病気
遅漏の悩み
巨根の悩み

パイプカットについて



包茎の悩み


包茎でお悩みの皆さん、私はまず皆さんに確認したいことがあります。それは皆さんの包茎の度合いです。包茎は大別して3つに区分することができます。皆さんはそのどれに当てはまる状態でしょうか?

その1.真性包茎
真性包茎とは常に皮を被っていて、剥くこともできず亀頭が見えない状態です。衛生面機能面共に支障がでますので、極力医師に相談するべきでしょう。

その2.嵌頓(カントン)包茎
カントン包茎では剥くことはできますが、先がきつく窮屈な為無理に剥こうとすると亀頭及び陰茎に負担をかけたり過度な締め付けが発生したりしてしまい危険性を伴う場合があります。特に亀頭部分の鬱血が酷い時などは亀頭が壊死してしまうなどといった深刻な事態にもなりえますので注意してください。

その3.仮性包茎
仮性包茎の場合、皮の余りや弛みの分が平常時に亀頭に被っていますが、意図的に剥いたり、勃起した場合には自動的に剥けたりする程度の浅い状態です。なお、この仮性包茎という概念は日本特有の思想であり、諸外国では問題無い普通の状態とか個人差という範囲でまったく気にされていないようです。


現実の日本人男性の包茎率は大変高いと言われており、その大部分は仮性包茎のようです。
仮性包茎の場合は衛生面に注意を払っていれば致命的な問題などもさほど無いため、慌てる必要はありません。精神的に気になる方以外は無理に手術をする必要はないでしょう。

ですが、真性包茎及びカントン包茎の場合には早期に治療・手術を受けることをオススメします。これらの状態の場合、陰茎や亀頭に負担をかけたり性病にかかる危険性があります。特に亀頭に大きい負担がかかり続けると、短小早漏の原因にも繋がってくるといわれています。